矯正業界こぼれ話

子どもが歯科矯正を始めるのによい時期はいつがいいの?子どものうちから始める方が良いというけどその理由は?

歯列矯正とはどんなものなのでしょうか。

一般的に歯列矯といいますと、出っ歯や八重歯、受け口、乱ぐい歯などの不正咬合を綺麗にしていくことです。

歯並びだけでなく、顔が歪んでいることも改善されますので、笑顔に地震が持てるようになるでしょう。

歯列矯正は、ただ単純に綺麗な歯並びにするだけではなりません。

咀嚼障害や虫歯、歯槽膿漏を予防することもできるのです。

更に歯列矯正は自分に生えている歯を活かした状態で治療をすることができますので、抜いてしまったりすることはありません。

歯列矯正をすることによって、歯にがたつきがなくなります。

ですので、歯槽膿漏や虫歯の原因となるものがつきにくくなります。

結果、歯の寿命が延びますので、歯並び以外のメリットはとても大きいのではないでしょうか。

歯列矯正の治療方法は、口の中に歯列矯正のための装置を入れます。

そして、歯に対して一定の力をかけて動かします。

こうすることによって、歯並びの悪さ、かみ合わせの悪さを治していくのです。

歯列矯正をするにおいて、かみ合わせをよくすることは実はとても大事なことでもあるのです。

かみ合わせが悪いと、肩こりがしやすくなったり、頭痛や顔のゆがみにつながります。

ですので、歯だけでなく、体の様々な部分の健康状態に大きくかかわってくるのです。

歯列矯正ではこういったことも改善されていくのは嬉しいことですね。

歯列矯正にはこのように、ただ単純に歯並びをよくするだけでなく、様々なメリットがあるのです。

もっと詳しく歯列矯正事情について知りたい方は、矯正知識を身につけるがおススメです。

Comments are closed.